入居したら賃貸住宅のエアコンが臭いことに遭遇する理由

新しい入居者が住む前に賃貸住宅のエアコンをクリーニングします。エアコンが臭い部屋は嫌ですよね。入居者が入れ替わるごとに、エアコンを内部洗浄します。

このような賃貸住宅が増えている一方で、入居直後から次のようなことがまだまだ発生します。

  • かび臭い、雑巾の臭い、・下水臭い
  • 香水の臭い、タバコの臭い
  • ペットの臭い

この記事は、「賃貸住宅のエアコンが臭かったときにはどうすればよいか?」をまとめています。

賃貸住宅のエアコンクリーニング費用は入居者が負担しています

入居者がエアコンの洗浄費用を負担している事実を受け入れてください。

賃貸住宅のオーナー、いわゆる大家さんが費用を負担するものと思いますね。ですが、賃貸住宅のオーナーが負担するように見せるのです。そのほうがイメージがよいからです。

実際には入居者がエアコンのクリーニング費用を負担しています。その仕組みを説明する前に、原状回復工事を理解しましょう。

賃貸住宅の原状回復工事とは?

賃貸住宅から退去後、原状回復工事します。原状回復工事とは新しい入居者のために、室内をクリーニングすることが基本です。住宅の設備などに故障・破損があったら修理します。汚れがあると、壁紙や床など内装を張り替えます。

原状回復工事中にエアコンを掃除しますが、本体の表面を拭く範囲だったら基本料金で業者が対応します。ですが、エアコンの内部洗浄には費用を追加で請求します。

賃貸住宅の目的はオーナーの収益の最大化

賃貸住宅のオーナーの収益を増やすために、原状回復工事には安さが求められます。入居者に対して、費用を抑えて入居しえもらうことが、不動産管理会社の腕の見せどころです。

エアコンの内部洗浄には追加で費用が生じるので、やりたくないのが本音です。ですが、エアコンからの臭い風によって、入居者が退去すれば本末転倒です。

賃貸住宅が多く空室も目立つ昨今。クオリティが低い賃貸住宅には入居者が入らないのです。ですので、原状回復工事のときエアコンの内部洗浄をします。

こちらも参考にどうぞ
賃貸住宅のエアコンが古いので勝手に取り替えたらどうなるか?

エアコンを内部洗浄する費用は入居者が負担していることが多いのです。

入居のときに払うか、退去のときに払うかの違いです

入居時にエアコンが内部洗浄された賃貸住宅は、退去のときにクリーニング費用が敷金から精算されます。結局のところ、入居者が負担しています。

入居時にクリーニング済みのエアコンだったら

入居の前にクリーニング費用請求はしづらいですね。ですが、退去のときは請求がしやすいです。その費用を使ってエアコンをクリーニングすれば、次の入居者からのクレームもありません。

費用の支払いは前か後かの違いです。そもそも、賃貸住宅の家賃収入は入居者からの家賃が原資です。賃貸住宅のオーナーの負担といいますが、そもそも入居者が支払ったお金です。

入居時、エアコンのクリーニングがされていなかったら

退去のときにエアコンのクリーニング費用の支払いを拒否しましょう。入居のときにクリーニングされていなかったので、払わないことは当然のことなのです。

正論かもしれません。が、現実的には敷金を預けているため、交渉は難航します。退去時にクリーニング費用を入居者に負担してもらえれば、スムーズにことが運びます。が、それをしていないという事実があるのです。

賃貸住宅の入居直後からエアコンが臭かったらどうするか?

先にですが、入居してから日数が経過していたら、入居者が掃除することが求められます。

管理会社に掃除依頼しても断られます。ですが、長期入居を希望するようなオーナーの場合は、クリーニング費用を負担してくれることがあります。

なぜエアコンをクリーニングしてくれるのか?

費用対効果です。

エアコンの不具合で、入居者が退去します。すると、原状回復工事の持ち出し費用、空室期間は家賃収入がゼロ、さらに不動産会社にはAD(広告費)を払います。

エアコンのクリーニングをサービスすることで、継続入居してくれたほうがよいと判断することがあるのです。

一方、不動産会社は長期で入居よりも、定期的に入居者が入れ替わるほうが収益がよいのです。もちろん、原状回復工事すれば、業者への取り次ぎの手数料が入ります。

工事業者の見積書・請求書が賃貸住宅のオーナーに提出されます。不動産会社から工事業者に取り次ぎの手数料を請求します。工事業者もそれを見越して価格設定をします。

話をもとに戻します。このような諸条件が重なると掃除してくれることがあります。

エアコンの内部洗浄作業を忘れている

原状回復工事のとき、エアコンのクリーニング業者を手配します。(というところが多い)となると、手配が漏れているという単純ミスも生じます。

忘れることが発生します。

この場合は話がスムーズで、お詫びされると同時にクリーニングの手配がされます。

クリーニングに難色を示された場合はどうなるか?

クリーニングしてもらえなかったら入居者の選択肢は3つです。

  • 我慢する
  • 入居者が自分で掃除する
  • 入居者がエアコンのクリーニング業者を手配する

時間は有限

不動産管理会社に粘り強くクリーニングを要望することも1つです。そこに時間を費やすことは無駄だと思います。

次に賃貸住宅を探すときに失敗しない教訓にしましょう。入居者に対して、最低限のサービスができない賃貸住宅は淘汰されていきます。

その場合は、退去時にはエアコンのクリーニング費用を払うことがないような対策を施すことが望ましいです。