2021年夏、リニューアルを予定しています by 管理人

【2019年】パナソニック エアコン CS-WX639C2 と CS-X639C2の違い

パナソニック エアコン エオリア CS-WX639C2(WXシリーズ)とCS-X639C2(Xシリーズ)を比べます。20畳用(6.3kw)と18畳用(5.6kw)で2畳しか違いがないため、どっちにしようか悩みどころですね。エアコン情報局の管理人がズバッと歯切れ良く考察を書いてみます。CS-X639C2の住宅設備用エアコンの品番はCS-639CX2です。

2019年モデルの[CS-WX639C2][CS-X639C2 | CS-639CX2]の違いを説明します。

記事の内容

  • 基本スペックの比較
  • 販売価格の考察
  • エアコン情報局の管理人考察

基本スペックの比較

サイズ、冷房と暖房の能力、期間消費電力量の、APF、省エネ達成率の数字を比較しています。

本体サイズの比較

室内機と室外機の物理的なサイズの違いからです。室外機のサイズは共通ですが、室内機のサイズはCS-X639C2よりもCS-WX639C2が10センチ広いです。

CS-WX639C2 : 横幅899mm(約90センチ)
CS-X639C2 : 横幅799mm(約80センチ)

» 参考:2019年】パナソニック エアコン WXシリーズとXシリーズの違い

冷房能力の比較

CS-WX639C2 : 0.5kw – 6.4kw
CS-X639C2 : 0.5kw – 6.4kw

冷房の能力は同じだから、WXシリーズとXシリーズは同じでしょと思いますよね。いえいえ、20畳用(6.3kw)のサイズになると、室内機の横幅が10センチ広いWXシリーズにカタログスペックでは表現できないいいところがあります。

室内機の動作音の静かさが静かです!

部屋が広ければ、ドアを開けたり閉めたり、人が多かったり、キッチンで料理したり・・・など、温度が上がったり下がったりすることが多々あります。都度、エアコンは温度を調整するのですが、WXシリーズの室内機は10センチ広いので、ファンの回転数を下げても十分な風量を得られるのです。Xシリーズも高性能ですが、さらに上をいく静かさがあります。

暖房能力の比較

室内機の幅が10センチ広いvのWXシリーズが、ピークパワーで0.3kw上がっています。10センチの風量分でしょうけど、これも体感できるほどの差ではありません。

CS-WX639C2 : 0.4kw – 11.8kw
CS-X639C2 : 0.4kw – 11.5kw

期間消費電力量の比較

10年間の電気代差分 37530円ほどWXシリーズがお得になります。が、1年だと3753円です。

CS-WX639C2 : 1752kWh × 27円 × 10年 = 473040円
CS-X639C2 : 1891kWh × 27円 × 10年 = 510570円

APFの比較

広い部屋の大きいサイズのエアコンでAPFの数字が6台は素晴らしいです。

CS-WX639C2 : 6.7
CS-X639C2 : 6.2

省エネ達成率の比較

ほぼ同じです。このクラスのエアコンは省エネ達成率の数字が130%を超えないと、選んでもらえません。部屋を冷やしたり温めたりする能力はXシリーズでも十分ですが、カタログスペックが124%。この数字で性能が低いと判断されてしまうため、WXシリーズがラインナップに必要になるんです。

CS-WX639C2 : 134%
CS-X639C2 : 124%

販売価格の考察

10年間の期間消費電力が約3.8万円です。CS-X639C2の価格に約3.8万円が上乗せされた価格になることが多いです。パナソニックの四半期決算に合わせて、住宅設備用エアコンのCS-639CX2が楽天市場で超特価とか家電量販店よりも数万円程度、安く出回ることがあります。

エアコン情報局の管理人考察

18畳(5.6kw)と比べて、20畳(6.3kw)のエアコン価格がぐっと上がる傾向があります。そこで、WXシリーズは18畳(5.6kw)[CS-WX569C2]の冷媒封入料が同じ1.64kgで、冷房の能力を制御プログラムで基準値に合わせています。ちなみに、暖房の能力はほぼ同じです。

エアコンは常に全開パワーで運転ではありませんので、吹き抜け・メゾネット・窓が多い・オープンキッチンなどシビアなコンディションがなければ、18畳(5.6kw)[CS-WX569C2]で対応ができます。カタログにも15畳から23畳とカバー範囲が広いことからもわかります。

» 参考:【2019年】パナソニック エアコン CS-WX569C2 と CS-X569C2の違い

同じことはXシリーズにも言えます。が、18畳(5.6kw)[CS-X569C2]と20畳(6.3kw)[CS-X639C2]で、冷媒封入料が違いますし、18畳(5.6kw)[CS-X569C2]で全開パワーに近い状態で運転させると電気代が高くなります。

WXシリーズの18畳(5.6kw) とXシリーズ20畳(6.3kw)の価格設定は、ほぼ同じになる(はず)です。

室内機の回転数を下げて、安定運転ができるWXシリーズは快適ですので、オススメです。

売れ筋ランキング 楽天市場  Yahoo  Amazon